ドライヤーの温風は一ヶ所に当てず、全体に散らすようにすると良いでしょう。

MENU

髪の乾かし方

ドライヤーをする女性

正しい髪の毛の乾かし方を知っているでしょうか?
乾けば何でも良いと考えているようでは、美しい魅力的な元気髪を手に入れるのは難しいです。
正しい洗い方があるように、正しい乾かし方があるのが美しい髪の毛の在り方なのです。

 

ドライヤーを使うと髪の毛が痛むからと言って、自然乾燥にこだわる女性も少なからず居ます。
しかし、結論を言うとドライヤーでしっかりと乾かす方が美しい髪の毛に近付けるのです。
正しい髪の毛の乾かし方を覚えて、ぜひ試してみて頂きたいです。

 

まずはタオルで水分を取る

ドライヤーを使う前に、まずはバスタオルで水分を取り除きましょう。
頭皮にタオルを当てるのがポイントで、髪の毛の表面ではなく頭皮から水分を取るのが大事です。

 

この時、髪の毛をこするように拭くのはNGです。
髪の毛をこすり合わせるとダメージになってしまうので、必ずタオルを押し当てるなどして水分を取りましょう。
水分が残っているままドライヤーをすると時間が長くなってしまうので注意です。

 

根元から乾かすを意識する

ドライヤーを使う際は、髪の毛の根元から乾かすのを意識してみましょう。
毛先から乾かしてしまうと、根元にドライヤーを当てる時に毛先を乾かし過ぎてしまうのです。
根元から乾かすようにすることで毛先が程よく乾くようになります。

 

また、ドライヤーの温風は一ヶ所に当てず、全体に散らすようにすると良いでしょう。
そして全体の9割ぐらいが乾いたらそこでドライヤーを終わりにします。
100%完全に乾かす必要は無く、90%ぐらい乾かした段階で終わりにして良いのです。

 

ちなみに、髪の毛のキューティクルは根元から毛先に向かっています。
なのでドライヤーの熱風を当てる際には、根元から毛先に向かって当てると効果的です。

 

髪形によって乾かし方は変わる

髪の毛が短い人と長い人では、ドライヤーでの乾かし方が変わるのです。
ロングヘアの場合は下を向いてドライヤーを当てる方が良いでしょう。
根元から乾かしやすくなりますし、髪の毛にボリュームを持たせられるようになります。

 

ショートヘアの場合はボリュームを作りたい部分の髪の毛を鷲掴みにしてドライヤーを当てると良いです。
こうすることで髪の毛がふわっとした軽い仕上がりになるのです。
ウェーブやカールを作りたい場合なども乾かし方によって変幻自在に出来るので気になる人はやってみましょう。

 

正しい髪の毛の乾かし方をすればダメージを減らせますし、効率よく美髪を作れるのです。
自然乾燥は頭皮にダメージを与えますのでドライヤーで乾かすようにしてください。