頭皮に指を密着させて小刻みに動かすのが汚れを落とすポイントです。

MENU

正しい髪の洗い方

美しい元気髪には、正しい髪の毛の洗い方が重要になります。
あまり疑問に思ったことが無いかもしれませんが、髪の毛にも推奨される洗い方があるのです。
年齢に対して薄毛や抜け毛の問題が多い人は、実は洗い方に問題があるかもしれません。
髪の毛の洗い方を覚えて、髪の毛を大切にするようにしてください。

 

ちなみに、洗う前から髪の毛のケアは始まっているのです。
美しい髪の毛のために、何が必要かを見てみましょう。

 

洗う前に必要なこと

髪の毛を洗う前にやっておきたい必要なことがあります。
それは髪の毛のブラッシングです。
髪の毛が長い人は特に重要で、絡まった髪の毛をブラッシングできれいにほぐすのが大事なのです。

 

1日が経過すると意外と髪の毛が絡まっており、ブラッシングが必要な状態になっています。
ブラッシングせずに髪の毛を洗ってしまうと、指に絡まった際に髪の毛を抜いてしまう恐れがあります。
大切な髪の毛が無駄に抜けないようにするには事前にブラッシングしておくと良いでしょう。
面倒に感じるかもしれませんが、数分で終わる手間なので惜しまずに行ってみてください。

 

シャンプー時は下から上に洗う

軽くお湯で湯洗いしたら、シャンプーで髪の毛の汚れをきれいに落としましょう。
この時重要になるのが、下から上に洗うように心掛けることです。
髪の毛は上から下に向かって生えているので、それに逆らうように洗う方が汚れを落とせます。

 

絶対にやってはいけないのが爪を立てたり、髪の毛同士を激しくこすり合わせたりすることです。
爪を立てると頭皮に傷を付けてしまい髪の毛のダメージとなってしまいます。
また、髪の毛同士をこすり合わせるのもダメージになるので厳禁なのです。
汚れが落ちないようなイメージがありますが、そもそもお湯で軽く流すだけでもかなりきれいになります。
髪のベタ付きは頭皮の皮脂が原因なので、髪の毛自体をこすり合わせるのは無意味です。

 

頭皮に指を密着させて小刻みに動かすのが汚れを落とすポイントです。
頭頂部は特に汚れが残りやすい部分なので、意識して洗うようにすると良いでしょう。

 

最後はしっかり洗い流す

シャンプーだけでなく、リンスやトリートメントが洗い流せていない人が多いです。
しっかり洗い流せていないと頭皮のかぶれや髪の毛の成長を妨げる原因になってしまいます。
頭皮にシャンプーなどが残らないようにしっかりと洗い流すようにしてください。

 

髪の毛をかき分けて頭皮がきれいになっているかを指で確認すると確実です。
首の後ろや耳周りはシャンプー等が残りやすいので念入りにチェックしてみてください。